ニキビ 治す サプリ

ニキビケアに必要なビタミン類について

ニキビは思春期の若者から大人まで多くの人が悩みを抱える症状ですが、最も問題になるのは「完治させるのが難しい」というところです。特に大人ニキビの場合は一度治すことが出来たとしてもまたすぐに出来てしまうことが多いため、対症療法ではなく根元の原因から治療する必要があります。

 

大人ニキビの原因にも色々ありますが、中でも多いのが「食べ物」です。そもそも人の体は普段口にするものから作られており、健康な皮膚は相応の栄養素が無くては作られることのないものです。

 

ではどういった栄養素に注目するべきなのかと言うと、まずチェックしたいのがビタミンAです。にんじんやホウレンソウなどの緑黄色野菜や、うなぎやレバーといった食品に多く含まれていますが、このビタミンAには毛穴の詰まりを解消して肌のターンオーバーを促進する働きがあり、皮膚の抵抗力を高めてくれる効果も期待できます。

 

そして、ビタミンAと併せて取りたいのがビタミンCとビタミンEです。ビタミンCは言わずと知れた「美容のビタミン」ですし、ビタミンEはそのビタミンCの働きをさらに高め、血液循環を促進して毒素の輩出を促してくれます。

 

ビタミンCとEはどちらも緑黄色野菜に含まれていますから、毎日欠かさず食事に取り入れるようにしましょう。

忙しくてニキビが直すことができない時はサプリも大切

ニキビケアに必要なビタミン類ですが、実際に毎日緑黄色野菜を食卓に取り入れると言うのは簡単なことではありません。特に最近では遅くまで仕事をしている人がかなり増えてしまっており、満足に食事をとる時間も確保できないという人も多いでしょう。

 

そうした際に重要なのはもちろん休養をとったり、仕事を少なくすることなのですが、現実的に考えるとそれもすぐにはできません。そのため、そんな忙しい現代人をサポートしてくれるのがサプリです。

 

サプリにはニキビを治すために必要な栄養素が豊富に詰め込まれているので、サプリを利用することで、ニキビケアに必要なビタミン類をはじめとした様々な栄養素を効率よく取り入れることが可能となります。そのため、ニキビケアを目的に飲んでみることで非常に高い効果を期待することができます。

 

例えば、これまでお肉を食べていたランチタイムを魚や野菜などのヘルシーな物に意識して切り替えて余分な油分を減らします。そして栄養をカプセルやタブレットで補ってやるだけでもニキビ改善にはかなりの効果が期待できるのです。

 

現在であればコンビニで数百円程度で販売されるようになっていますが、必要な栄養素が入っていればそうした安価な物でもかまいません。もちろん、こういったものに全てを頼りきるのは健康的であるとは言えませんが、必要な時に必要な形で活用するのは非常に良いことなのです。

つやつやお肌を保ちつつ、メイクを落とすことがニキビケアには必須です。とりわけ大人ニキビの場合は、主要因が乾燥だとされているため、洗顔のポイントは皮脂を取り除きすぎないことです。その見込みがあるのが牛乳石鹸です。ミルクバターたっぷりの牛乳石鹸なら、乾燥知らずの肌のままに汚れを落とせるので、効き目のあるニキビケアになります。ニキビをなくすには、ザクロが効きます。ニキビはホルモンバランスが崩れた時や肌の細胞の代謝がちゃんと行われない時に、できてしまいます。ザクロには、ベタベタ肌の原因となってしまう男性ホルモンが出てしまうのを制し、代謝を上げることができる成分がたくさん入っているため、体質レベルからニキビを治せるのです。ニキビがおでこにできると、何が何でも前髪で隠したくなります。しかしながら、それはニキビを悪化させかねない行為ともなりますので、なるべくなら前髪で隠すというようなことはせずに髪がニキビに触れないように刺激を与えずにいることが重要です。ニキビがなぜできるのか?その原因のひとつに、乾燥が含まれています。ニキビは余分な油脂が原因でできているんじゃなかったの?と疑問に思う人も多いかもしれません。当然、余分な油脂による毛穴の詰まりも原因のひとつとなっているのは事実ですが、だからといって過剰に油脂を落としすぎると、そのせいで肌が乾燥し、それが原因でニキビができてしまうのです。ニキビを気にしているからといって洗顔をあまりにし過ぎると、必要となる油脂も落としてしまい、ニキビがひどくなる場合もあります。多くても顔を洗う回数は一日二度までにしておきましょう。肝心なのは洗顔を十分に泡立てて、肌にはじかに手を触れさせずに、あくまで泡で洗顔をすること、洗顔後は間を空けず保湿をすることです。

更新履歴